ホーム
情 報
ニュース
今後の予定
 
  ■怒りネットとは?
   怒りネットの正式名称は、「怒っているぞ!障害者きりすて全国ネットワー ク」と言います。
わたしたちは、すべての障害者が地域で、さまざまな人々の中で生活していけるよう、国を初めとした公的機関の保障を求めています。こうしたわたしたちの思いを踏みにじる福祉切捨てとは徹底的に闘っていきます。
現在国会で審議されている「障害者自立支援法」案に対しては、国会前でのハンストを含む徹夜の座り込みを行ってきました。また、命の切捨てを進める「尊厳死」法の制定にも絶対反対です。
  ■沿革
   この会の始まりは、2002年春に、翌年度に実施が予定されていた支援費制度に疑問や反対の思いを持つ仲間が集まったことに始まります。そうして作られたのが「怒っているぞ!支援費制度障害者ネットワーク」でした。その主要な論点は、進められている国の政策は、福祉に対する国の責任を放棄しようとしており、これを許すわけにはいかない、というものでした。そして、同年5月から厚生労働省交渉を毎月のように行ってきました。
03年1月に厚労省は、ホームヘルプなどの介助制度への国庫補助の上限をつける方針を打ち出します。1ヶ月当たりの介助保障について国は、「一般の障害者」25時間、視覚障害者と知的障害者50時間、全身性障害者125時間(1日当たり4時間程度)までしか保障しないというものです。全国の障害者がこれでは生活が成り立たない、生きていけないと厚生労働省を取り巻き闘いました。わたしたち怒りネットも1月10日から闘いを開始しました。
この闘いは、大手の障害者団体と厚労省が妥結して終息させられますが、上記の基準は03年度から介助制度の支給を受ける障害者、及び、介助保障がこの水準以下の自治体には適用されることになります。それ以外の自治体については、これまでの補助金の額を維持するとしながらも、それは当面の経過措置とされたのです。こうした事実が大手団体によって隠蔽される中で、わたしたちはこの事実をできるだけ多くの障害者に伝え、闘う連携を作っていくよう呼びかけました。
  ■支援費制度が始まって
   こうした中で03年4月から支援費制度が始まりますが、わたしたちの2名の仲間が支援費制度強行に抗議して、2ヶ月間に渡り認定を拒否して闘い、その間、措置としての介助保障を出させました。他方、資格のない人を介助者にすることができず介助者に困ってしまう状況、町田市など介助保障の大幅な切り下げを行ってくる自治体が現れるなど、支援費制度の矛盾も明らかになってきました。国の方針としても、社会保障や福祉を切り捨てる方針が打ち出されてきます。
そうした中で、新たな仲間を迎え「福祉切り捨て反対!ストップザ支援費制度集会実行委員会」を結成し、10月26日に集会を行いました。
以後この実行委員会で厚労省交渉などを行っていきます。また、国の障害者への介助保障や所得保障が十分になされない中で最後の命綱としていた生活保護の他人介護加算の打ち切りを通告された仲間の支援を行い、打ち切りを阻止することも実現しました
  ■障害者自立支援法をめぐって
   05年5月から「障害者自立支援法」案の本格審議が開始されます。これに対して、10日から行動を開始し、11日より13日、25日〜27日の国会前ハンスト泊り込みを行いました。厚労省前で泊り込み行動の先駆を作ったピープルファーストも6月より国会前泊り込みを開始し、7月に入って多くの人々によりこうした行動が取り組まれるようになっています。7月5日の日比谷の1万1千人の集会に示された全国の仲間の怒りと共に、今政府・与党を追い詰めてきました。
政府・与党は、この法案を6月中旬には国会を通過させ成立させるつもりでした。しかし、6月から7月3日の都議会議員選挙までの期間の審議はほとんど中断。参議院段階でも、重要法案として指定された結果、厚生労働大臣が出席しなければ審議できないということになりました。その結果、この法案は郵政関連法案の影響を受け、参議院厚生労働委員会ではわずか6時間の審議を行っただけで、衆議院解散を受けて廃案となりました。
この状況を作り出した障害者の闘いをさらに発展させていきましょう。尾辻厚労大臣は、再度同じ法案を国会に提出すると発言していますが、今度こそ決定的に葬り去ろうではありませんか。この法案を支持する人が国会議員にならないように、衆議院選挙の過程から闘いましょう。
  ■今後
   怒りネット結成から約3年半、いろいろな仲間が結集し、その一人一人がすばらしい活動を展開してきました。多くの感動がありました。一人一人が主人公となるようなあり方で、これからさらに運動を発展させていきたいと思います。
このページに関するご意見・ご感想をお待ちしております。また、メンバーになりたい方も大歓迎です。
 

メンバーへのメール

   
ホーム
情 報
ニュース
今後の予定