抗議文
・障害者自立支援法の採決は絶対みとめられない!
・衆院本会議採決を阻止しよう!
・「障害者自立支援法」施行を許さない!
・自治体からも厚労省への抗議の声を上げさせよう!
●障害者自立支援法は、障害者の反対をおしきって衆議院厚生労働委員会で自民党、公明党の賛成によって採決されました。心から怒りをこめて強く強く抗議します!法案の内容はもちろん、特別国会でのスピード審議、ウソとペテンの政府答弁、そのあげく、数にものを言わせた採決の強行・・・本当にヒドイのひと言です。
● 私たちは「自立支援法」の採決を絶対に認めることはできません。
 まず、当事者の反対の声を全く無視して法案の成立がはかられたことです。「自立支援法」が通常国会で廃案になったのは、当事者団体のほとんどが、一部の団体の幹部をのぞいて、この法案に反対したためです。にもかかわらず一度廃案に追い込まれた法案を施行日を変更しただけで、ソックリそのまま再上程すること自体、障害者の命がけの反対の声をふみにじるものです。
 内閣の重要法案が否決されたら内閣総辞職するのが本当なのに「総選挙で民意を得た」と言って選挙後の小泉政権はやりたい放題です。しかしそもそも小泉政権は本当に「民意を得た」のか。今回の総選挙における自民党の得票率は比例区ではたった38%でしかありません。全体でも47、7%で、半分にも達していません。しかし小選挙区制のマジックの結果、参議院の賛否にかかわらずどんな法案でも通せる3分の2議席独占という「巨大与党の出現」がもたらされたのです。一番問題なのは、小泉政権が3分の2議席を背景に、逆に「民意を得た」という姿をトコトン演出し「圧勝重圧」を使って反対の声をねじふせようとしていることです。こんな形で成立させられた法案を、どうして障害者が受入れなければならないのでしょうか。
 さらに、法案がくわしい中身を当事者に隠したまま成立がはかられたことです。
政府は説明責任を全く果していません。偽造データー問題さえ明るみに出たのに、これに対しても全く真相があきらかにされないまま「単純なミス」と隠蔽しています。
 もともと「自立支援法」は具体的な中身を「政省令に委ねる」として国会で明らかにすべき内容を隠したまま審議が進められてきました。このやり方自体、先に法案を成立させて外堀を埋め、障害者が内容を知って反対しようとした時はすでに“後の祭り”といった状況にしようとする卑劣なものです。通常国会では野党から「これでは白紙委任同然だ」「審議の前提がない」と批判の声があがりました。これに対して尾辻大臣は「秋には政省令を明らかにする」と言いのがれてきました。ところが、その秋になっても政省令が明らかにされないまま法案が採決されたのです。これは当事者に対する意図的な約束違反としか言えません。
「自立支援法」は戦後の障害者福祉の大転換です。小泉政権には重大な説明責任があります。にもかかわらず厚労省は、ちょうど1年前に「改革のグランドデザイン」をだし、たった4ケ月後には法案を国会に上程し、さらに4ケ月後に成立、さらにその4ケ月後に部分施行という異例のスピードでこの法案の成立から施行にこぎつける方針をとってきました。「慎重審議」を求める声さえふみにじったこうしたやり方自体が不当です。しかもこの過程のすべてに「利用者本位」どころか、この法案で命が左右される当事者が不在なのです。当事者には今後この法案によって自分の生活がどうなるのか、今もって何も知らされていません。国の説明責任の放棄だけでも違法です。ましてデーターの改ざんまでやって成立させた法案はまさに違法です。
 さらに、特別国会の中で開かれた公聴会と参考人質疑で出された当事者の声さえ無視して法案が採決されたことです。大阪でも東京でも5分の4の人が反対意見を述べているのに、これも無視しています。そのうえで厚労省はこの法案は「今後の障害者福祉の充実のためのもの」だと言ってはばかりません。こんな小泉政権のデマ政治を認めてしまったら、今後何だってまかりとおってしまいます。障害者の声なんて無視していいということになってしまいます。法案が施行されれば、どれだけの障害者の命が奪われるか分かりません。こんなこと絶対に認める訳にはゆきません。
●「自立支援法」の後にくるのは介護保険統合です。尾辻大臣は「来年度に結論をだす」と答弁しています。生活保護法改悪も準備されています。そしてなにより小泉政権が狙っているのが憲法改悪です。来年の通常国会には国民投票法案を上程しようとしています。「自立支援法」との闘いは、憲法25条生存権を守る闘いとひとつながりです。だから、ここは一歩も引けません。生存権をかけて私たちは廃案をもとめ最後まで闘います。
◆障害者自立支援法の特別国会での採決は絶対に認められません! 
◆来年4月1日の施行を絶対に認めることはできません!
◆廃案まで闘います!
   以上、宣言します。

▼怒っているぞ!障害者切りすて・全国ネットワーク
■連絡先
ホームページ http://rocksoff.servebeer.com/~ikari/