怒っているぞ!障害者きりすて全国ネットワ−ク
ホ−ムペ−ジ http://homepage2.nifty.com/ikarinet/  
--------------------------------------
■もくじ                            
6・27 厚生労働省交渉の質問と要請
障害者と共に改憲戦争への道を止めよう
堀かつ子さんの追悼文
堀さんの詩『美的名前は何のため?』
--------------------------------------
         
●627厚生労働省交渉に集まろう!
13:00 第1衆議院会館ロビ−集合(14:00〜交渉)
●77障害者自立支援法を撤廃にしよう集会
13:00 都立障害者福祉会館
(都営三田線三田駅下車1分またはJR田町駅下車5分)
--------------------------------------
6・27 厚生労働省交渉の要望と質問
怒っているぞ!障害者きりすて全国ネットワーク
柳沢厚生労働大臣殿
 4月11日の交渉(以下、前回交渉)を踏まえ、以下の質問と要望を行います。厚
生労働省としての見解を示してください。
(1)前回交渉では、「厚生労働省としては、支給決定に当たり、申請のあった障害
者等について勘案事項に関する一人一人の事情を踏まえて、適切に行うことが重要で
あると考えている」との見解が示されました。この見解は、昨年11月29日に、東
京地方裁判所・杉原則彦裁判長が行った判決とも一致するものです。しかし現実には
大田区を始め、こうした見解に反する支給決定基準、あるいは、運用を行っている自
治体があることをわたしたちは指摘しました。こうした違法状態を正すために、以下
の諸点についての見解を求めます。
 1。 わたしたちは前回交渉のための質問状の中で、こうした違法な支給決定基準
を設けたり、あるいは、違法な運用を行っている自治体に対して、通達などによる厚
労省の指導を求めました。交渉においても、こうした自治体に対する個別の直接的な
指導を通達などで行うよう求めました。
 これに対して、保積係長より「全国の自治体での、上限を一律に定めている状況が
多いということを聞いたので、通達については、前向きに検討する。」との建設的な
回答をいただきました。この検討結果を示してください。
 2。 1。にかかわる前回交渉のやり取りの中で、厚労省は各自治体の支給決定基
準を把握していないことが明らかになりました。指導のためには、こうした把握が必
要と考えますが、そうした調査は行われましたか?。 あるいは、行う準備は進めら
れていますか?。
 3。 上述した昨年11月29日の判決で、違法な運用を行っていると指摘された
大田区は依然としてこうした運用を事実上続けています。移動介護の「32時間の上
限」を「32時間の標準」と書類上は改めましたが、「32時間上限」という方針に
よって引き下げられた移動介護の支給決定は、その後も改善されないまま現在に至っ
ていることを前回交渉でも指摘しました。司法判断によって判例ともなったこの問題
を、福祉行政に責任を持つ厚労省は是正のための措置を早急に行うべきと考えます。
大田区についての指導方針を明らかにしてください。
 4。 5月13日に報道された全国市長会のアンケート結果によると、回答のあっ
た545市の内326市が福祉などの住民サービスを縮小・廃止していることが明ら
かになりました。これは、国の地方交付税削減の影響であることも明らかになりまし
た。
 日本国憲法第25条第2項は、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社
会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と規定しており、今
回の市長会の調査では、違憲状態となっていることが示されました。
 厚労省としては、どのようにこれを是正するのか、明らかにしてください。
 5。 このような自治体の現状を考えると、ホームヘルプに関する国庫負担基準は、
自治体に支給決定の上限を一律に作らせる原因となっていることは、ますます明らか
になっていると思います。厚労省の示す、一人一人の事情を踏まえた適切な支給決定
を実現するためには、2002年度までのように支給決定の実績に対する国庫負担を
行うことが必要であることは明らかです。
 違法状態を助長することとなる国庫負担基準を改めるべきと考えますが、見解を示
してください。
 6。 わたしたちは前回の質問状及び交渉で、国庫負担基準の影響で、とりわけ新
規にホームヘルプなどを利用しようとする人が不利な状況に置かれることを指摘して
きしました。
 1つの例として、立川市の支給決定基準をも示しました。そこでは、昨年の4月以
降にホームヘルプの支給申請をしたものは、国庫負担基準の水準か、事情を考慮して
も、その1.5倍までの支給決定しか行われないものとされています。こうした支給決
定基準や運用が他の自治体でも見られます。
 こうした状況についての厚労省としての見解を示してください。また、こうした状
況が起こることは、国庫負担基準のあり方に影響されていると考えますが、見解を示
してください。
 7。 従来の利用者についても、宮城県名取市を始め支給決定時間を削減する自治
体が出ています。こうした状況は、上述の東京地裁の判決内容、及び厚労省の見解と
も反することになると思いますが、改めて見解を示してください。また、そうした実
情は把握していますか?。
 8。 介護保険制度は、要介護程度区分について、「利用限度額」という一律の上
限を定めています。これは、上述の東京地裁の判決内容や上述の前回交渉で示された
厚労省の見解からすると、障害者の介助制度としては問題がある、ということになる
と思いますが、見解を示してください。障害者に問題があるものは、高齢者にも問題
があると、わたしたちは考えますが、この点についても厚労省の見解を示してくださ
い。
  
(2)基準該当事業所、「3級ヘルパー」や実務経験から資格ありと都道府県が認め
たヘルパーに対する報酬単価の減算をただちに撤廃するよう改めて要請します。
 1。 前回交渉で、世田谷の基準該当事業所の関係者から、事業所として1時間当
たり1400円でやりくりしなければならない状況が語られました。こうした状況が
あることを厚労省としては、認識していましたか?
 また、このような財政状況で、無理のない介助が続けていけると考えられるかどう
か、見解を示してください。
 2。 基準該当事業所に対する報酬を減算した根拠となっているものとして、保積
係長は「支援費から自立支援法に移行するときに、経営実態調査というものをやって
いて、それを踏まえた形のものになっている。」と発言されました。わたしたちはこ
のデータを公開するよう前回交渉の場で要請しましたが、松山さんは「データは出せ
ない」と発言されました。
 税金を使って調査し、しかもそれが報酬単価の設定という政策の根拠となっている
のであれば、公開するのが当然であると考えます。改めて公開するよう要請します。
 もし仮に、公開できないと言われるならば、その正当な理由を示してください。
 3。 減算率15%という数字は、どのような計算から出てきたのか、明らかにし
てください。
 4。 「3級ヘルパー」や実務経験から資格ありと都道府県が認めたヘルパーにつ
いて、報酬単価の減算率30%という数字は、どのような計算から出てきたものなの
かを示してください。
 5。 支援費制度の時には、基準該当事業所についても、4。のヘルパーについて
も、減算はありませんでした。「障害者自立支援法」となって、なぜ減算措置をとる
ようにしたのか、その根拠を示してください。
 6。 4。のヘルパーと「2級、1級」ヘルパー及び介護福祉士は同一の労働を行っ
ている、とわたしたちは考えます。厚労省は、講習を受けていることによって、労働
に違いが出てくるように言われます。
 どのように労働に違いがあるのか、この点を明確に示してください。また、その労
働の違いが現場で現れている実態調査などがありましたら、示してください。
(3)前回交渉では、以下の質問について全く整合性のある回答をいただけなかった
とわたしたちは認識しております。そこで再度同じ質問をいたします。
 わたしたちは、障害者と向き合い、人間関係を作っていくことをヘルパーとなる人々
に求めてきました。そうした良好な介助関係を作ることにとって、資格制度は何の担
保にもならないばかりか、邪魔にすらなってきました。厚労省も、居宅介護のヘルパー
には多くの研修を求めておきながら、「重度訪問介護」の介助者資格は10時間の研
修、「重度障害者等包括支援」にいたっては、特別な資格を求めないとしています。
障害者が推薦すれば、公式の「介護従事者研修」を受けたかどうかに関わりなくヘル
パーとして認め、通常の報酬を出す形に改めるべきだと考えますが、見解を示してく
ださい。
 1。 あらためて、「重度」の人手あればあるほど、研修を少なくしている根拠を
示してください。
 2。 松山さんは「重度訪問介護」や「包括支援」従事者について、「重度でコミュ
ニケーションの難しい人ということなので、研修でどうということではなく、その方
その方 に関してというのが必要」と前回交渉で語られました。しかし、コミュニケー
ションについての個別の習熟が必要な場合は、居宅介護の利用者についてもいえるこ
とでしょう。むしろ、コミュニケーションに習熟する過程がその人の介助に習熟する
過程のはずです。
 にもかかわらず、居宅介護従事者に多くの研修を課しているのは何故でしょうか?。
(4)前回交渉の際に質問状に上げていたにもかかわらず、介護福祉士の問題につい
ては「担当者がいない」とのことで、答えていただけませんでした。そこで再度質問
します。
 今国会に上程されている法案で、介護福祉士の養成のあり方が変えられます。今後
さらに介護福祉士と他のヘルパー資格の間での報酬上身分上の差別が作られていくの
ではないかと危惧しますが、見解を示してください。
(5)退院支援施設については、わたしたちはやはり反対するものであり、入院者の
地域生活を早急に実現する政策をこそ行うべきであると考えます。その上で、以下の
質問にお答えください。
 1。 前回交渉で清水専門官は、「医療から見れば確かに退院ということになるが、
障害福祉計画における地域移行にカウントするわけではない」と語られました。そう
すると、退院支援施設入所者は、施設入所者としてカウントすることになるのですか?。
 2。 これまで精神病院の中で作業療法士や精神医療ソーシャルワーカー(PSW)
がかかわって行ってきたことと退院支援施設で行われることは、どこが違うのですか?。
 3。 ある人物が精神病院に入院している場合と退院支援施設に入所している場合、
支出される予算の金額はどのように計算していますか?。
 4。 退院支援施設は、全国で何ケ所、何人分整備する予定ですか?
(6)わたしたちはあくまでも障害者への介護保険の適用について反対です。その上
で、以下の質問にお答えください。
 1。 厚労省として、介護保険制度の見直しについては、どのような段階にありま
すか?。
 とりわけ、障害者への適用については、どのような方向になっていますか?
 2。 前回交渉で、老健局の小祝さんは、「介護保険以前は老老介護等の家庭内介
護が一般的であった」と語られました。しかし、現在の介護保険制度では、家族介助
なしには地域での生活は成り立たない状況にあります。こうした状況をどのようにし
ていく方針でしょうか?
 3。 やはり前回交渉で小祝さんは、「介護労働者の労働環境や雇用環境等、改善
に努めていくことが必要だと考えている。」と語られました。具体的にはどのような
政策を行おうとしているのですか?
--------------------------------------
障害者と共に、憲法第九条改憲・戦争への道を止めよう
茨城青い芝の会
 私たちは、青い芝という脳性まひ者の団体です。
 私たちは、障害者が施設や親元で一生を終えるのが当たり前の時代から、厚生省や
行政の末端である市役所に座り込んだり、バスの乗車拒否に抗議してバスターミナル
を占拠したり、世に問題提起をして、みなさんの意識に障害者を植えつけてきました。
 また、ハードな面でも公共施設にエレベーターができたり、ヘルパー制度ができて
きたり、私たちが主張する地域福祉がまがりなりにもできてきました。 
 日本がアメリカのイラク侵略戦争に協力し自衛隊をイラクに派兵したり、安倍政権
やマスコミが北朝鮮を悪者にし、朝鮮有事を煽ったり、世は戦争モードです。
 昔から戦争になるとき「障害者は余計に邪魔者扱いにされ、殺される」と言われま
す。自立支援法によって、福祉サービスを受けるたびに多大な負担を取られたり、福
祉サービスが低下したり福祉が大きく後退させられています。自立支援法は生存権が
明記されている憲法第25条に違反しています。
 教育基本法の改悪による能力主義の導入は、地域校から障害児を追い出すことに他
なりません。不幸とされる障害者を死に導く尊厳死法案も国会上程の準備もされてい
ます。これまで障害者が勝ち取ったものが奪い取られ、まさしく「戦争時は障害者が
邪魔者扱いになる」という証明です。
 今、国会で審議中の国民投票法案によって、国会の権限が強まり、憲法第九条改悪
のプロセスが決められ、日本が平和主義を捨て、合法的に人が人を殺す戦争への道を
歩もうとしています。
 戦争時は、いっそう人間の優秀性が第一に求められ、障害者は不用とされます。かっ
てナチスドイツが行った、障害者はガス室に入れられることが再現するかもしれませ
ん。
 戦争への道を止めるために、この夏の参議院選挙には憲法第9条を守る候補者や政
党を応援しましょう。
--------------------------------------
堀かつ子さんの追悼文
堀さん、天国でたくさん歌って下さい
介助者 込山愛香
 堀かつ子さんが、乳がん手術後の就下性肺炎により、2007年4月28日急逝さ
れました。
 私が堀かつ子さんと初めて会ったのは、2000年の春、私が大学4年生の時でし
た。眼差しのとても強い信念の人、というのが第一印象でした。人の心のすみまで見
通すような深い瞳で、もう何年も付き合った間柄かのように、私にも本音で付き合っ
てくれました。
 その頃堀さんは、長年かかって勝ち取った生活保護の特別基準を打ち切られ、区と
交渉を行っているところでした。堀さんは誰に対しても、どんな立場の人にでも、相
手が理解するまで決して諦めず話しをしていくので、「立場」でしか物を言わない固
い行政職の人が、その一歩も引かない態度に圧倒されて思わず本音を言ったことが何
回もありました。
 ただ一度、交渉の帰り道に、「愛ちゃん、なんでこんなにしんどい思いしなきゃい
けないんだろう・・」と言ったきり、目を真っ赤にして、車いすから落ちそうなほど
泣いてしまったことがあって、必死で助けを求めていた堀さんの心の内を初めて知っ
たのはその時でした。
 そんな堀さんが、表現の方法のひとつとして自作の詩に曲をつけて歌い始めたのは
3年ほど前からだったと思います。「音楽は学校の成績の中でも悪いほうで・・みん
なの前で歌うことが一番いやだった」と言っていた堀さんでしたが、持ち前のエネル
ギーを発揮してコンサートなどで人前で歌い、パーカッションを演奏し、詩を朗読さ
れました。こうして、音楽でもたくさんの人と思いを分かち合い、常に自分自身をバー
ジョンアップさせ、決して限界を定めずトライする人でした。だから、周囲はいつも
そんな堀さんのエネルギーに自然と突き動かされてきたんだと思います。本当にすご
い人だなあと思います。
 また、すごく楽しかったことも思い出します。花が大好きだった堀さんは、「地球
に植わっている物は全部みんなで分けていいから心配しないでいいよ」と言って、よ
その家のアロエの花を私に採れというのです・・・。そして結果、その家の人から怒
られたのは私でした。それから、通院していた整肢療護園の庭に、勝手に自分の花壇
を作ってしまい、私は毎回水をやりに行かされました。まだまだあります、興味があ
ると何としてもやってみたい堀さんは、ある日、とんでもない急傾斜の崖を「登ろう!」
と言うのです。「ムリだ〜」という私。「だいじょぶ、だいじょぶ」と一歩も譲らな
い堀さん。とうとう私が根負けしてチャレンジするはめになったのですが、当然、二
人とも転げてドロだらけ、そして堀さんはオデコにキズ。そして言うのです、「こん
なこと、これで10回目!」。などなど、ほんとに楽しい堀さんでした。
 でも、こんなに早く、しかも急に旅立たれるとは思っていず、むしろこれからだと
思っていたので、今私は、堀さんと本当の意味で関われたんだろうか・・と、堀さん
の言葉を思い出すたびに色々考えてしまいます。だからこそ、堀さんの残してくれた
言葉をこれからどうしていくか、自分に問われていると感じています。介助をさせて
頂いた2006年10月までの約6年間、堀さんの側で過ごせたことは自分の人生に
とってかけがえのない大切なものとなりました。今後、介助者のみんなと堀さんの悲
願だった「詩集」を作ることで、堀さんの生き、闘った姿がいつまでもいつまでも残
ることを願っています。
 最後に、堀さんがいつも言っていた言葉を紹介します。
「人にどんなにいじめられても、悪口を言われても泣くことはないけど、人に優しく
されると、どうしても涙が出てきちゃうんだよ」
 堀さん、天国でたくさん歌って下さい。そして、「本当は草原を走り回りたい」と
言っていた堀さん、きっと今は風をきって走っていらっしゃることでしょうね。
--------------------------------------
◆ 美的名前はなんのため? ◆
堀 かつ子
国政の赤字
その中に
いっぱい詰め来ている
こと知ってさ
先に箱だけつくっている
どうせなら
中身を組み立てから
言ってくれ
国会議員の
おえらいさん達
付き添い廃止
介護券
介護保険
支援費
自立支援法案
かえるなら
せめて1年前なら
まけておくよ
生活見てからしてくれ
よくも考えついたよ
消費税は
福祉で使うって
選挙公約の
苦肉の策で
あんた達が頭を
下げたじゃないか
こっちもやぶろうか
国会議員の
おえらいさん達は
味わったことはなかろう
テレビに向かって
国会中継に
深い皺に両手をあわせてて
おばあさんを
涙が滲んでいた
ふんずけたのさ
あんた達の足で
人間後を見てみる
ことがかんじんさ
年金もなん倍
そこもこれもみな
民間の汗と涙の税金さ
老人達も
もう焼け野原の
日本は見たくないとさ
私達障害者は
差別と死を
持って立ち向かって
死んでいった
先輩達の命のバトンを
受け取って心を持って
ぶつかるつもりさ
国会議員の
おえらいさんよ
慣れ作業を止めて
後まで税金ぐらいは
やめなよ
障害者四苦八苦して
出た施設
社会の冷さたさ
仲間が傘になってくれて
やっと地域で歩いて
行くこと教えてくれた
あんた達
何んの力になってくれた
ことあった
支援ってそういうことだよ
施設の二の舞は
死んだっていやさ
支援費
自立支援法案
国会のゴミ箱を
かくすように
米国に垂れ流しさ
道路同じところを
なん回掘り起こして
直したら気が
すむのさ
天下りの金使い
国家の
おえらいさんよ
自分達のけつは
自分たちでふけよ
それぐらいの
人間としての
決まりぐらいは
身につけてよ
そのつけを
まわすなよ
ヘルパー
ケァーマネジャー
資格ばかりつくってさ
金儲けをたくらんでる
そんなの見え見えさ
そんなにじゃまな
存在なら
みんなの前で殺せよ
親に殺させるまで
追い込むな
自立支援法案なんて
御りっぱな名は
のしつけてお返しするよ
障害者みんな
泥水飲んで
はいずりまわって
今の生活つくれたんだ
無理心中支援法案さ
2006,4,7.
〈また 親が障害者を殺すような生活に追い込んでいった………!
 もうなん十年こういうことが続いているのだろう……!
 決まったものは、引き替えないことは、知ってて居るが
 出すまえに慎重を重ねて出してほしい。人間の生活にかかわることだから。〉