KSK『きずな』
怒りネット通信

2008年4月4日第33号
<怒っているぞ!障害者きりすて全国ネットワーク>

----------
■もくじ
・厚労省交渉の質問事項
・大田区障害者移動介護削減問題の活動報告
・頑張る障害者? わたしにはムリ!
・介助支援の二側面について
----------● 4・23・厚生労働省交渉に集まろう!
13:00 第1衆議院会館ロビ−集合
14:00 から交渉
----------
厚生労働省交渉における質問事項
 昨年4月11日、6月27日の交渉を踏まえ、また、昨年12月以降に明らかにさ
れた改定点も踏まえつつ、以下の質問を行いますので、ご回答ください。
(1)前回交渉の際、昨年4月以降にホームヘルプを申請した利用者とそれ以前から
の利用者の間で、支給決定基準に格差を設けている市町村があることを指摘し、その
実例として立川市と福生市の例を示しました。これについて厚労省側は、「この立川
市と福生市のことについては、具体的に持ち帰って見させてもらって検討したい。ど
ういった取り扱いになっているのかを市町村の担当者に話を聞いてみたい。」とのこ
とでした。調査した結果、および、その結果についての見解を示してください。
(2)これまでの交渉において厚労省は、ホームヘルプにかかわる「国庫負担基準」
について「限られた国費を公平に配分する」ために必要であると述べてきました。し
かし、この基準で保障されるホームヘルプの時間は、最重度の利用者を対象とする
「重度障害者等包括支援」(以下、「包括支援」)でも1日に8時間程度に過ぎませ
ん。
 「障害者自立支援法」の第5条では、「重度訪問介護」、「行動援護」、「包括支
援」の対象者は、「常時介護を要する障害者」とされています。「国庫負担基準」は、
この必要とする常時の介護さえ保障するものではなく、法律違反の水準であると考え
ます。
 厚労省としての見解を示してください。
(3)この間の交渉で厚労省は、「厚生労働省としては、支給決定にあたり、申請の
あった障害者等について勘案事項に関する一人一人の事情を踏まえて、適切に行うこ
とが重要であると考えている」との考えが示され、一律に上限を設けてはならないこ
とが述べられました。このような見解は本来高齢者の介助制度についても同様と考えま
すが、見解を示してください。
(4)前回交渉で、「基準該当事業所」に関する15%の減算は、実態調査も行われ
ることなく決められたことが明らかになりました。現時点において、この減算措置が
「基準該当事業所」の存続を脅かしているという認識はお持ちですか?
(5)そもそも、報酬単価の設定は、どのような計算で行われているのか、示してく
ださい。その中で、事業所の必要経費、保険、賃金などの割合をどのように考えてい
るのでしょうか? 厚労省として、ヘルパーにはどのくらいの賃金が支払われるべき
であると考えているのか、明らかにしてください。
(6)前回交渉で「報酬は10月にセットされたばかりなので、すぐに見直しという
わけには行かないが、今後必要に応じて、事業所の経営実態を含めた施行状況を把握
しながら、次期報酬改定で、その必要性を検討していきたい。」との見解が示されま
した。次期報酬改定は、いつを予定しているのでしょうか? そのための「事業所の
経営実態を含めた施行状況を把握」するための調査はいつどのような形で行われるの
でしょうか?
 
(8)現在、応益負担制度が作られてしまった結果、報酬単価を上げれば利用者の負
担が増え、利用を困難にする構造が作られてしまっています。この7月からホームヘ
ルプや施設利用については、支払いの上限額が引き下げられるとのことですが、応益
の原則は変わりません。昨年12月7日に発表された「与党障害者自立支援に関する
プロジェクトチーム」の報告書では、「利用者負担については、低所得者の負担を更
に軽減するなど、負担の応能的な性格を一層高める」との方針が示され、ことし7月
の支払いの上限額引き下げにつながっています。
 しかしそれならば、なぜ応能負担に戻そうとしないのでしょうか?
 「障害者基本法」の「基本的理念」である第3条ではその1項で「すべて障害者は、
個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有する」と
規定されています。この理念からすれば、介助やそのほかの保障について益と考える
のは間違いであり、応益負担は直ちにやめるべきだと考えますが、見解を示してくだ
さい。
(8)前回交渉で、「全身性障害者をはじめとする重度の障害者は、個々により介助
の仕方やコミュニケーションの方法が色々あって、見守りを含む介護の時間が長時間
に及ぶことを考えると、支援技術も必要とされる一方で、その方の障害に応じたサー
ビスを提供できる介助者が必要だということで、重度訪問介護や重度障害者等包括支
援といった重度の障害者に対するサービスについては、広く全身性障害者に対する介
助者を確保するという観点から、研修時間を短くするなどの配慮をしている」との見
解が示されました。
 しかし、コミュニケーションの問題で言えば、ほとんどが居宅介護の対象とされて
いる「知的障害者」や「精神障害者」についても、一人一人のコミュニケーションに
個性があり、気心を理解する習熟が不可欠です。にもかかわらずそうした配慮は行わ
れていないと思いますが、この点についての見解を示してください。
(9)現在厚労省は、障害者の医療機関入院時の介助者派遣を認めていません。しか
し、「重度の障害者は、個々により介助の仕方やコミュニケーションの方法が色々あ」
ることは、入院の場合も同様です。医療機関だけでは対応できないのが現状であり、
自費で介助者をつけたりボランティアに頼まざるをえない状況があります。
 入院時の介助者派遣を公的な制度として実施すべきであると思いますが、厚労省と
しての見解を示してください。
(10)厚労省も上述の見解で認められているように、公的な研修を受けることと利
用者に対して良好な介助を保障することはイコールではありません。したがって、ヘ
ルパー資格による減算措置を撤廃するべきであると思いますが、見解を示してくださ
い。
(11)また、利用者もしくは事業者が推薦すれば、公的な研修を受けていなくても、
公的な制度のヘルパーとして認めるようにすべきであると思いますが、見解を示して
ください。
(12)補装具と「自立支援医療」については、利用者負担の上限額は全く変わって
いません。特に、「自立支援医療」については、世帯単位で所得を計算するというこ
とも改められていません。なぜこれらについて、「障害福祉サービス」と同様に改め
ないのですか?
(13)前回の交渉において厚労省から「退院支援施設に入ったことをもって社会的
入院の問題が解決されたとは考えていない」との見解が示されました。そうであるな
らば、統計上でもそうした意識を反映したものとしなければならないはずです。「退
院支援施設」入所者も、入院者の一部として統計上も示していきますか?
(14)来年は「障害者自立支援法」の改定時期となりますが、「社会保障審議会・
障害者部会」も解散されている中で、どのような手続きで改定作業を進めるのか、明
らかにしてください。                      
以上
----------
大田区障害者移動介護削減問題の活動報告
鈴木敬治
 おととし、11月29日に東京地裁で判決が出たあと大田区は判決のがれの為に、昨年
1月12日に移動の社会参加分90時間の決定を、勝手に送りつけてきました。こちらには
何の相談もなしにです。僕はもちろん、移動を元の124時間に戻せと言い続けてきまし
た。4月に交替した課長は124時間だしてやるから、資料を出せと言ってきました。僕
は関わっている活動の状況を示す資料を出しました。しかし課長は6月にトンヅラして
しまい、替わりにセンター長が出てきました。何も変わらないまま、こんどは一か月
分の詳しいスケジュールを出せと言って来ました。僕はそんなことは応じられないと
拒否しました。
 少し戻りますが、昨年4月13日には、支援者にたくさん集まってもらい、大田区役所
前で、この問題の解決を要求する集会をやりました。どうもありがとうございました。
4月集会は100人でやりきりました。そして、7月には新区長との直接交渉を求める要望
書提出をやりました。しかし新区長はこれを無視してきました。
 その後、北センター長とは8月中まで話し合いを続け、途中、中断をはさんで、12月
から再び交渉を開始しました。大田区内、全都各地の障害者の仲間達も応援に来てく
れて、解決を求める、ねばり強い交渉を続けました。判決のがれの大田区32時間要綱
の、『標準』への言葉だけの変更は認めないと言い続けてきました。交渉の中で北セ
ンター長は、『32時間標準』については、大田区本庁の障害福祉課長を同席させた話
し合いの場を作ると約束しました。
 自分個人の介護支給量のことですが、僕はこれまでずっと、1日24時間介護を要求し
続けて来ました。北センター長は「あなたの介護支給量は一日20時間までです。その
うち移動は月90時間でいっぱいです。ですが要綱は見直したいと思います」と言って
きました。私は、移動の32時間上限問題をうやむやにするセンター長のこんなやり方
にはだまされません。むこうの言うことは、いつもその場しのぎのだまくらかしだか
らです。そうやってこちらを黙らせようとしているからです。
 12月に再開した交渉の中で弁護士は、20時間での、だまくらかしは認められませ
ん。未だに支給されていない34時間分の移動の残りを、プラスして支給する様に求め
ました。
 今年に入って、2月1日の支給決定の最終期限に慌てた北センター長は、何とか20時
間でお願いしますと、繰り返し、言ってきました。私は、あくまで、1日24時間が必
要ですし、移動は124時間に戻して下さいと突っぱね、一人一人に必要な支給決定をし
て下さいと主張し続けました。
 2月1日になり、とうとう北センター長は区の最上層部とかけあい、20時間に残り
の34時間をプラスした支給決定を認めると言ってきました。しかし、この34時間は移
動としてではなく、見守りとしての支給であると言っています。私は、これはこれで
大きな前進であると受け止めています。しかし、まだまだ移動として認めない大田区
の姿勢は根本的に糾さねばなりません。また、センター長は、弁護士の提案を受け入
れたのだから、東京都への不服は取り下げて欲しいとお願いしてきています。そして、
重度身体障害者の介護サービスは見直すが、視覚障害者や知的障害者らの移動支援は
別だなどと、勝手な理屈も言っています。障害者の間に分断を持ち込むことは許せま
せん。
 この現状を踏まえ、この先、まだまだ闘いは続きます。障害者が地域で生きていく
為には、こちらから、当たり前の要求をたてて、闘いを進めていかなければダメです。
闘わなければ悪くなるばかりで、何も変わりません。これからも僕は地域の障害者と
共に闘い続けます。そして全都、全国各地の仲間と力を合わせて、共に闘い続けます。
皆さん、これからも僕の闘いへの注目と支援をよろしくお願いします。
----------
頑張る障害者? わたしにはムリ!
多摩地区に住むミキティ
 私は、2月に2度障害者の集団面接会に行きました。最初は面接会に行く気がなか
なかしませんでした。でも、家族や通っている施設の職員にすすめられて、行くこと
にしました。正直な気持ちとして最初は就職するというより、その場所に行くこと自
体がとてもいやでした。自分の中で不安や心配の方が先に立って、どうしても行く気
になれませんでした。でも、自分の将来のことを考えるとやっぱり行かないといけな
いかなと思って行こうと決めました。
 最初にハローワークに行って登録をしました。登録の時は書類とかアンケートみた
いなものを書きました。ハローワークの人に少し質問をされたりしました。私はハロー
ワークに行くのも緊張します。登録すると登録カードと面接会が近くなると「障害者
の求人のいちらん表」が送られてきました。そうしたら、送られた、いちらんを見て
自分に合う仕事の内容の所をチェックして印をつけました。その後自分の受けたい会
社の分の枚数のりれきしょを書いて、写真屋さんに写真をとりにいきます。その時も
とっても緊張します。写真をとる時は、髪のかたちや洋服も一生けん命考えます。
 面接の日の朝、持ち物の忘れ物がないかとかいろいろチェックをしました。家を出
る時も、きんちょうで泣きそうでした。いつもなら一人でどんどん歩けるのに、この
日は、歩くのも何か重かったです。にげてもいいなら、にげ出したいような気持ちで
した。じっさいに面接に行ってみると、たくさんの会社の人がきていて、面接を受け
る人もたくさんいました。私は人の多さにびっくりしました。
 面接を受ける会社の番号札をとって、順番を待っていました。待っている問もドキ
ドキしていました。面接官の人に、会社まで何分かかるかとか、どうしてこの会社を
選んだのかとか聞かれて、自分が思うようにはなかなか答えらませんでした。
 私が受けた面接の中で、とてもひどいことを言う会社の面接官がいました。私は、
ふだんから人と話すのが苦手で、きんちょうするともっとしゃべれなくなってしまい
ます。それでも何とか声に出してしゃべろうしていました。自分の名前も精一杯でし
た。その時面接官の人が、「仕事する気は本当にあるの? 就職するってことは、いや
でも他の人と話さなくてはいけないってことですよ。」
 ※同行した職員が、「初対面の人には、特に緊張してしまうので、今は話せなくなっ
ていますが、慣れてくれば大丈夫だと思います。」と助け船を出しても、全く聞き入
れてもらえず…。
 さらに面接官は「もうちょっとがんばって話そうよ。そうでないと今のままのあな
たでは正直うちの会社で受け入れるのは無理。もう少し話せるようになって、それで
もうちの会社を受けたいと思ったら、面接してあげてもいいよ」と言って、その場で
履歴書を返されました。すごくショックでした。突き返された履歴書をにぎりしめ、
職員の人に支えられらながらやっとの思いで席を立ちました。何歩か歩いて会場の隅
に近付いたとき、くやしくて、腹がたって、どうしょうもなくて大声で泣きました。
 私ははやっとの思いで面接に来たのに、自分という人間が、ここにくること自体が
まちがっていると、私には聞こえました。私がここまで話せるようになるのに、とて
も時間かかったのに! そういう気持ちはあの面接官、あのオヤジは、かけらもわかっ
ていないし、わかろうともしない人だと思いました。
 あの場所は障害者のための面接会で、いろいろな人が来るわけだから、すらすらしゃ
べれる人ばかりではないと思います。私のように人と話すのが苦手な人は他にもいる
と思うので、もう少し人の気持ちのわかる人が面接官になってほしいと思いました。
あの言い方は、何か普通の人か、もっともっと障害の軽い人に言うような言い方だと
思いました。それ以下の人は話にもならないと、上から下をみて物を言っているよう
にきこえました。本当、腹立たしくて、くやしくて…あのおやじ絶対に熟年離婚され
るぞ!
 たんぽぽで、私と一緒に就職面接に行って頑張っている人がいます。その人は、た
んぽぽでもいろいろな仕事ができる人です。でも、その人は会話がよくできないのと
一度決めたことは絶対に変える事のできない人です。でも、その人の特徴をわかって
仕事を教えてくれる人がいれば、できる仕事はたくさんあると思います。
 障害者の就職はとてもむずかしいと思います。私みたいに人の前で話すのがとって
も苦手な人はそれだけで会社に入れない場合がけっこうある。また、私みたいに目に
障害がある人はそれだけではずされます。ふだんから私に接している人は、私の思い
とか障害の特ちょうとかをよく理解しているからいいけど、私のことを全然知らない
就職面接官がほんのちょっとした面接だけで全部を判断してしまうから、それはやめ
てほしいと思います。それと話す時はもう少しやさしくというか他の言葉でわかりや
すく言ってほしいと思う。
 それぞれの障害の人が、それぞれできる事、少し時間をかければできる事など会社
の人に見つけてもらい、その仕事を自分に無理なく、一生けんめいにできるようなこ
とを考えてほしいと思います。ひとりひとりの可能性を信じて会社の人も仕事を考え
てほしいと思います。障害者にやさしい会社をふやしてほしいです。そして会社で働
ける障害者の人数が、少しでも多くなればいいなあと思います。今のままでは差別が
ないとは言えないし、大きな差別、小さな差別関係なく、ちょっとした人の考え方、
感じ方によっては差別と思う人がいると思います。それをなくしていくことが大事だ
と思います。
 障害者が、どこかの会社に就職するということはいろいろな問題や自分の苦手なこ
ともたくさんやらなければいけないので、とても大変だなあと思っています。私は今
あんまり就職する気になれません。まだ、いろいろな意味で自分の就職する準備がで
きていないと思います。
 今から何年先かわからないけど、親がいなくなった時どうするかということはあま
り予想できません。だから就職面接に行っているのは練習のためと義務っぽい感じで
す。ていうか、面接のあとで、行った人たちと、おいしいお酒を飲むのが楽しみです。
だから、また行くつもりですよ!!
   お・わ・り
----------
介助支援の二側面について
高橋良平(府中チェルシー 介助支援労働者)
◆はじめに
 介助をはじめて8年目になります。そのなかでいろいろ自分なりに感じたこと、考え
たことを今回「介助支援の二側面」というタイトルでまとめてみました。とはいえ、
私が身体的に「健常者」であり、また介助支援者という立場であるという現実から、
また、私自身の興味関心の問題から、話題は非常に限定的です。タイトルもそれを反
映して「介助支援」という耳慣れない用語を冒頭に掲げています。これらの用語の定
義については次の段落の「介助とは何か?」で一定明らかにしていますが、このよう
な説明は、用語の定義の背景にある条件との関連でなされなければ、理解としては中
途半端なものになってしまう可能性があるという意味では危険です。
 たとえば、現行において介助保障は国の義務でありますが、はたして国だけの義務
なのか? 社会はどうなのか? 人間としての共同性としてどうなのか? といった
議論がとても重要であったりするからです。とはいえ、私にはそのような部分につい
て展開できるだけの能力はありません。そのような意味では中途半端なそしりはまぬ
がれないと思います。それは個人的に今後の課題としたいと思います。このように、
あまり完成度の高い文章ではありませんが、最後までお付き合いいただければ幸いで
す。

◆介助とは何か?

 私は介助とは、端的にいえば当事者が自身に行う行為であると考えています。そし
て、その行為を支援する者が一般的に「介助者」と呼ばれている私のような存在であ
ると考えています。ですので、介助者は正確には「介助支援者」というふうにその呼
び名をかえるのが正しいと考えています。そしてそうであるがゆえに、介助支援者が
行う行為は「介助支援」と呼ぶのがふさわしいと考えます。
 これから私は、介助という行為のなかでの介助支援という側面から二つの議論を進
めていきます。しかし、これは介助そのものの議論ではありません。というのも、そ
のような大きなテーマについて、それを直接の対象とすることは私の能力にもとると
いうこともさることながら、やはり原則的に当事者の方からの発言や意見が重要であ
ると考えているからです。こちらの想像と思い込みで語ることも可能だとは思います
が、人格や尊厳に関係することなので、慎重な順序と手続きを必要とすると考えてい
ます。以上の理由から、まずは当事者の方からの提起であろうと考えています。

◆介助支援の二側面―その1「人権保障」支援―
介助支援には大きく二つの側面があると思います。そのひとつが、「人権保障」支
援です。現行憲法では25条の生存権規定と13条の幸福追求権規定が具体的な介助の際
の人権保障支援の立脚点になると思います。
 これらの規定への注目は、憲法9条の改悪を柱とする改憲攻撃に如何なる態度で応ず
べきかを個人的に思案していた時期に、大田区鈴木さん「移動制限」撤廃裁判の弁護
側主張文章に二つが如何に重要であるかが展開されていたことによります。当事者の
生きた闘いこそは介助支援の大切な大切な糧になるのだと改めて身に染みました。鈴
木さんの闘いに敬意を表します。またこの闘いの成果を全体のものにするためにも、
介助支援には憲法25条と13条の理念が具現化していることを確認することは大切なこ
とだと思います。それで憲法25条と13条を以下に掲載します。

 第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
二 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及
び増進に努めなければならない。

 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対す
る国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最
大の尊重を必要とする。

◆介助支援の二側面―その2「人格の独立」支援―(ー)
「人格の独立」支援。当然といえば当然かもしれませんが、じつは重要でかつ難し
いのが「人格の独立」だと思います。というのも世の中、差別と格差が根深いからで
す。また日本においては「公共の福祉」概念の誤使用によって、著しく人格の独立が
侵されています。また日常的にも人格の序列化、従属化が多いと考えます。

労働者は、労働力が商品化され計量化され序列化されています(能力主義)。生産手
段も商品化されているので経済的に独立した人格を有していると仮定されている資本
家も大変です。しかもその大変さは労働者に転嫁されるので労働者同士の競争は激化
します。働く者のあいだの格差と働く者と働かない者のあいだの格差が存在していま
す。現に憲法25条の話が出ると、決まって「劣等処遇の原則」という言葉が出てきま
す。これは「働いているものより低い状態に働いていない者を置くことが『勤労精神』
のためにのぞましい」という考えです。しかし、そんなこと言う前に「仕事をしっか
り確保しろ!」と言うべきでしょう。そしてさらに、「出来る仕事をしっかり確保し
ろ!」と言わなければなりません。いずれにせよ、現実の経済環境を無視した暴言で
も、日々差別や抑圧を受けている主体には直接的な打撃になることもあります。とく
に介助現場では、そのような言葉に傷つく人が多いように感じます。このような打撃
に対して原則的な反撃を加えることも「人格の独立」支援の重要な内容でしょう。そ
れは労働者の主体的な問題であるとともに、介助支援の支援対象者である当事者に対
する態度性の問題にもつながります。ちなみに社会における競争が激化すればするほ
ど「人格の破壊」は進みます。この社会では毎年3万人以上の方がみずから命を落とし
ていますが、そのなかでも精神的な困難を抱えている人が多いと聞きます。また身体
に困難な「障碍」を抱えている方にとっても、その過去におけるさまざまな障害を考
えるに、「人格の破壊」という形容が当てはまるケースがあると思います。以上のこ
とから、あえて「人格の独立」支援を介助支援の二つ目につけ加えてみました。

◆おわりに
 
 介助支援の二側面を運動として定義することが本稿における私の目的でした。しか
し結局私が書いたことは、「介助とは何か?」で書いたように、介助という具体的な
生きた<出来事>ではなく、その周辺の細かい<物事>でしかありませんでした。と
はいえ、それは介助を介助支援という側面から語ることの限界と言えるでしょう。し
かし、限界を明らかにすることは、必ずしも絶望を意味するものとは思ってはいませ
ん。むしろ、そのような限界のなかで、既存の価値規範や制度をずらすことが重要だ
と考えるからです。そのような意味で、一歩引いた地点から何ができるのかが介助支
援の特徴であるとも考えています。

それと私は、介助支援労働者の立場からの障碍者解放運動への連帯の内容には、当事
者の差別からの解放運動への主体的連帯はむろんのこと、自らも参加している差別的
な経済体制の主体的な根本的変革もまた介助支援労働者としての労働の性質から含ま
れる必要があると考えていました。そしてこれまで、そのような当事者性から導き出
される運動性と介助支援に必要な活動性の両方に妥当する側面というのは、それ自体、
介助当事者と介助支援労働者両者の媒介となる共同性の萌芽のようなものを有してい
るのではないかと密かに考えていました。しかし、それは今まで私の主観性に規定さ
れたものでしかありませんでした。というのも、発表するのは今回がはじめてだから
です。なので今、正直、あまりたいした内容でもないのに「どんな反応がくるのだろ
うか?」とビビッています。ですが、このような機会をせっかく頂いて、また、介助
支援の内容も展開しているので無反応は致せません。なので意見のある方はドンドン
ご意見ください。私も可能なかぎり意見していきたいと思います。
 さいごに、この文章を掲載していただいた怒りネットのみなさまに感謝します。読
者のみなさまもご読了ありがとうございました。紙面のみならず、会議の場やさまざ
まな現場でもお会いできればさいわいです。
(了)